感動bankでは、不動産売却の成功の鍵となる大切な2つのポイントに特化したサービスをご提供しております。

サービス1 売却物件への付加価値UPサービス

売り出し物件が成約になるために必要不可欠なポイント、それは物件の付加価値です。物件自体に希少性があり必然的に付加価値が備わっている物件であえれば問題ありません。

しかし「これといった特徴がない」いわゆるノーマルな物件の場合、何かしらの付加価値が備わっていないと、数ある競合物件の中からあなた物件が選ばれる確率がかなり低くなってしまうのが現状です。

これを改善するには、あなたの物件に買主もしくは買主側不動産会社にとって購入または取引するメリット(付加価値)を付帯させることが有効です。感動bankでは売主様の物件に以下3つの方法で『付加価値』を備えさせ物件の成約促進を図ります。

A.あなたの物件を仲介手数料無料で購入できる物件として情報公開

一般的に個人の方が売主様となる物件を仲介手数料無料で購入することはできないのですが、感動bankではそれが可能です。(対購入者への付加価値)

買主様にとって不動産購入時に不動産会社へ支払う仲介手数料は大きな負担となります。

買主様にとってその仲介手数料の負担がない物件はあきらかに魅力的です。

ようするに、当社に売却をお任せいただけければあなたの物件は自動的に圧倒的な訴求力を持つことになります。

B.他社にあなたの物件情報の広告活動することを許可

一般的に他社では売主様・買主様の両方から仲介手数料がもらえる取引を目指したいため、その物件情報を他社が広告活動することを禁止してしまいますが、感動bankはそのような制限を行いません。

あまり知られてはいませんが、実は不動産会社にとって、他社が公開している物件情報を自社で広告活動ができる物件というのは、不動産会社にとってとても付加価値が高いのです。

そのような物件情報は必然的に情報が広範囲に拡散されることになり、成約確率も高まります。

C.あなたの物件に客付した買主側不動産会に報酬を支払う

一般的に買主側不動産会社(以下、他社)があなたの物件の買主様をみつけてきた場合、他社はその買主様からしか仲介手数料がもらえません。

しかし、感動bankがお預かりしている売却物件に他社が買主様を見つけてきた場合は、そのお礼に感動bankからも他社に手数料が支払われる仕組みとなっています。※条件あり

不動産営業職の方は自社(自分)の成績のために毎日必死に営業活動していますので、このような報酬が発生する物件情報は不動産営業職の方にとって価値の高い物件情報として扱われ、成約確率も高まります。

サービス2 売却後手残り資金最大化サービス

全くもって文字通りのサービスです。売却後手残り資金を最大化する為の一番の方法は少しでも高く売ることですが、それに捉われすぎていると成約のチャンスを逃してしまい資金最大化以前の問題になってしまいかねません。

ポイントは成約チャンスは逃さず手元に残る資金も最大化すること。感動bankでは売主様の物件に以下の2つ方法で成約チャンスは逃さずに売却後手残り資金の最大化を目指します。

感動bankにご売却をお任せいただく場合は次のA、Bのいずれかをひとつをご選択いただ売却活動を始めさせていただきます。

A-1.裁量型販売方式

裁量型販売方式とは、不動産売買における仲介手数料の発生という概念をなくし、かつ値下げをしたら手残り額が減ってしまうというリスクを最小限に抑えることができる当社商標登録の販売方式です。

通常、不動産会社に売却を任せ売買が成立すると成約価格の3%+6万円の仲介手数料を委任した不動産会社に支払います。これは簡単に言えば、「いくらで売れても一定率の仲介手数料を不動産会社に支払わなければならない」ことを意味します。

例えば、販売開始後の売れ行きが不調で値下げをしたり、購入希望者が現れても値下交渉が入ると、売主様の手取り額は、値下幅+仲介手数料分減ってしまうことになるのです。

一方当社の裁量型販売方式では、まず当社が提示する査定額をもとに売主様に媒介価格(成約希望価格)をお決めいただき、その媒介価格より少し高い価格から販売をスタートし、一定価格より安く成約となった場合しか成功報酬が発生しない実質仲介手数料が無料となる仕組であるため、他社でよくある、価格を下げた分だけ売主様の手取額が減ってしまうという心配は不要です。

「裁量型販売方式」であれば販売状況に応じて手取額減少のリスクを避けながら、積極的に値下げ・値引きが行えますので、成約のチャンスをしっかりキャッチすることが可能になります。

A-2.裁量型販売方式の仲介手数料の計算方式

契約成立価格-媒介価格の差額が+30万円以上の場合、以下のいずれか低い方の金額になります。

A)媒介価格×3%+6万円
B)契約成立価格-媒介価格

※報酬金額には別途消費税がかかります。
また、契約成立価格-媒介価格の差額が30万円未満となった場合は30万円(税別)の事務手数料が発生いたします。

A-3.裁量型販売方式の計算例

媒介価格5,200万円、成約価格5,000万円の場合は以下のようになります。

A)5,000万円×3%+6万円=156万円
B)5,200-5,000=200万円

この場合A<Bとなるので、お支払いいただく手数料は156万円となり、
5,200万円-156万円=5,044万円が売主様の手取り額となります。

B.定額仲介手数料方式

一般的に不動産売買を行ったお客様は「売買代金×3%+6万円+消費税」の仲介手数料を不動産会社にしはらわなければなりません。

例えば、5,000万円で売却スタートし成約価格が4,800万円になってしまった場合であれば、値引後の価格からさらに仲介手数料150万円(税別)を支払うことになります。

感動bankではこの「売買代金×3%+6万円+消費税」の部分を「一律30万円(税別)」という設定にいたしました。

初めは少し高めの価格から販売スタートして様子見をしてみたり、あるいは他の競合物件より少し安めに価格設定して物件情報を目立たせ、なるべ早い成約を狙うなど、売主様の売却戦略のご意向に合わせやすくなっております。

感動bankはあなたの物件がより早く、
高く売却できるために最大限サポートさせていただきます。
現在他社で売却活動をされているかた、
これから売却を進めて行こうとされているかたからのご相談を心よりお待ちしております。